そいつぁつらいぜ分室 〜駐在員細田の語学学習〜

ドイツ駐在員細田がドイツで語学を学びます。主に英語とドイツ語の学習記録。本家はこちら→http://o81hosoda.hatenablog.com/

ドイツ語初級の単語をどう学ぶか 〜独和のAnkiデッキ4000語を作ってみた〜

こんにちは、細田です。

英語の学習と平行する余裕が少し出てきたので、最近ドイツ語の勉強をはじめました。

まずは初級程度のドイツ語を学習する足がかりとして、最頻出単語を覚えていこうと思い立ちました。

 

んで、これまでの実績に基づいてAnkiのデッキを作ってみました

ドイツ語→日本語のAnkiデッキの自作例はあまり多くないと思いますので、今後ドイツ語学習を目指す方々の参考になればと思い、ここに記録しておくことにしました。
以下の試行錯誤を経て一応頻度順に4000語のデッキを作成することができました。最後に、そのうち1000語を覚えた上での感想を記しています。

英語ほど学習環境の整っていない、第二外国語学習法の一助となれば幸いです。

続きを読む

英熟語(句動詞・頻出フレーズ・イディオム)暗記の第一段階はSILとAnkiで

こんにちは、細田です。
前回のエントリーから少し間が空きましたが、次回予告の通り英熟語(句動詞やイディオムなど)の暗記に取り組んでいます。

アルクの制定する頻出単語、SVL(Standard Vocabulary List)を使って単語を12000語カバーすることができるのは以前のエントリーでも紹介したとおりです。
もちろん認識単語数が増えることによって得られる恩恵は大きいのですが、一語で表現された単語だけを覚えるのでは不十分です。例えば、英熟語(句動詞や定番のフレーズ、イディオムなど)のような、複数の単語でまとまった意味を持つ語句を理解しなければネイティブの言うこと、書く文章は完全には理解できません。

しかし、特に句動詞とイディオムについてまとめた参考書は単語集と比べてあまり多くはなく、その覚えにくさもあいまって多くの英語学習者を悩ませていると言っても過言ではないでしょう。

続きを読む

プログラミング初心者がやってみた:Kindleでハイライトした単語をAnki形式ファイルに整形する

こんにちは、細田です。
とりあえず前回のエントリーまででSVLを最後まで終え(たことにして)、次のレベルの単語を覚えることにしています。
SVLより高レベルの単語を単語帳形式でまとめた書籍が、少ないながらも存在していることはこれまでに書いたとおりです。
今回はその中でも、Kindleにデータとして入手可能、かつ頻度(ネイティブ認知度)順にリスト化されている「極限の英単語」を購入し、加工していくことを考えました。

 

 

これまでの自身の暗記法を踏襲して、データをAnki(またはPSS)形式に整形して記憶していこうと思いちょっと調べてみると、
すでにすごい方が「極限の英単語」の単語リストを、英辞郎と対照してAnki形式のテキストファイルに変換するプログラムを公開していらっしゃいました。

uzusayuu.hatenablog.com

つまり、このプログラム(と極限の英単語と英辞郎のデータ)を使えば、自分でSVLを超えるハイクラス英単語のAnkiファイルを作ることができる、というわけです。やったー!!!!!!


が、しかし、問題が一つ。

 

自分はプログラミングのことを何一つ知らない


しかーし!!!英語上達のためならその困難も超えてみせよう!!


ということで今回は、英語学習を目的としてプログラミングの初歩の初歩を学んでみました。


今回の記事は、「極限の英単語」をAnki形式のファイルにするところまでの学習の道筋を記録することで、「KindleのハイライトをAnki形式ファイルに整形できるプログラミング初心者」を増やすことを目的としました。

 

続きを読む

SVL(究極の英単語)と構文集のガッツリ暗記タッグで英語の運用力を高める

こんにちは、細田です。
ドイツ駐在2年目になりました。去年に比べて英語をうまく話せるようになっている自信があります。

 

去年の今頃、自分の英語の使えなさに愕然としてから、いろいろ勉強法を探ってきました。
その中でも一番効果があったのは、認識語彙(見たら意味が理解できる言葉)を増やすことと、丸々使える構文(フレーズ)を丸暗記したことであると感じています。

以下、方法と成果について紹介します。参考になれば嬉しいです。

 

続きを読む

ドイツで学ぶ英会話 ベルリッツを半年受講して

こんにちは、細田です。ドイツのベルリッツで英会話レッスンを受け続けた感想編です。

 

2月前半時点で、その間おおよそ週2回、1回2ユニット(90分)ペースで続け、90ユニット(つまり45回)の授業を受けました。ざっくり言うと持ち球200ユニットの約半分を消化したことになります。
英会話レッスンの使い方についてはいろいろ試行錯誤しながらやっていますので、ここいらで状況や感想などをまとめておきたいと思います。

 

hosoda-english.hatenablog.com

 

 

続きを読む

英語の語彙力をどう養うか ~究極の英単語シリーズと英辞郎のフル活用メソッド~

大学受験やTOEICで単語覚えまくったみなさん、科学論文ならスラスラ読めるみなさん、突然ですが、自分が意味を理解できる単語数はどのくらいでしょうか?

 

自分の英語の語彙力はどの程度か

とりあえずweblioの語彙力診断を受けてみてください。数分で終わります。

 

https://uwl.weblio.jp/vocab-index

 

 

どうだったでしょうか?たぶん10000語超えてたら日本人の中では相当レベル高いと思います。

 

ちなみに僕が最初にやったときは7000~8000語と言われました(ただし4択なので多少高めに出てます)。

残念ながら、これぐらいの語彙数ではネイティブでいうと幼稚園生とか小学校低学年レベルです。

いくら高級で科学的なディスカッションをしていても、これではこども店長」がお話しているような感じになってしまっているんですね。悲しい。

 

 

ちなみにネイティブの平均語彙数は、

6歳で10000語、11歳で16000語超、20歳で23000語超

と推移していくそうです。

 

http://testyourvocab.com/blog/2011-07-25-New-results-for-native-speakers.php#mainchartNative

 

大人はだいたい20000語から35000語の間に入っているそうなので、要するに成人ネイティブと互角に渡り合うためには最低20000語まで増やさないといけないわけです。

 

これまで「自分はそこそこ語彙力ある」とおもっていたのですが、これらの数値を目の当たりにすると恥ずかしい思い込みだったと正直思います。

実際、英会話学校での授業でも先生が(手加減してくれてるはずなのに)知らない単語を話すことが結構あります。

 

ということで、もうこりゃ語彙力を上げるしかない。そう思い立っていろいろ調べて試行錯誤してます。1か月くらいやってみて自分なりに時間対効果のよさそうなルーチンを見つけられてきたので、そこに至るまでの思考過程と参考資料を紹介したいと思います。

 

以下のやり方を実行した1か月の成果として、Weblioの診断語彙数が平均で2000語程度アップしたことを途中経過として報告しておきます。この調子で増やし続けていきたいですね。

 

続きを読む

個別 VS グループレッスン 良い点悪い点 

こんにちは、細田です。

英会話のレッスンを初めてから1ヶ月近くになり、すこしずつ自分に足りない部分が分かってきました。家でのトレーニングも欠かさないようにしたいですね。

さて、僕、実は大学生時代に1年ちょいの間英会話学校に通っていたことがありまして、その時の経験を思い出しながらベルリッツの個人レッスンを受ける利点などを書いてみようかと思います。

当時通っていたのは、LADOというところです。

英語学習に詳しい方ならご存知だと思いますが、LADOはしつこい電話勧誘で有名なところで、そんなグレーでなりふり構わない勧誘をしながらも生徒が集まらず、10年ぐらい前に倒産しました。

その際の計画倒産っぷりがニュースでもひとしきり話題になったのをよく覚えています。倒産の2日前に新規の生徒を受け入れていて、エグい額を一括で払わせていたとか。

なんか最近の某旅行代理店のニュースと重なりますね。

僕が全授業を終えた後でよかったです。

 

まあうちもしつこい電話勧誘にひっかかってしまったクチで、そのときはうちの親が電話を受けてしまったのですよね。んでいろいろあって、なぜか僕が体験レッスンを受けることになってしまったんですよ。当時英語に興味がないわけではなかったので、授業内容を見て決めようと思っていたわけです。
結果的に、確かに授業はよかったと思う。電話はしつこいけど。それで、週1.5回ぐらいのペースで受けられる頻度で、1年間の少人数レッスンのチケットをまとめ買いしたんだったと記憶しています。


さて、前置きが長くなってしまいましたが、当時の記憶をつなぎながらベルリッツの個別授業との違いをダラダラ書いていきます。

続きを読む